読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刻み大工のひとりごと

富山県射水市の建築大工です。 元請大工として日々思うことをつづっていきます。

物置小屋墨付け 刻み

母屋の継手です。今回は台持ち継

f:id:daikuitiban:20170411223108j:plain

f:id:daikuitiban:20170411223120j:plain

これには理由が
母屋の継手といえば束芯から少しずらして鎌継ですが、持ち出した分オス側が上下で裂けたりします。かけやで叩くと!
なので束上で継ぎます 束上の継手はよくないらしのですが、継手をずらすと弱いんです、建て方の時何回か裂けたことがあります
今回はこれがいいと思います。