読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刻み大工のひとりごと

富山県射水市の建築大工です。 元請大工として日々思うことをつづっていきます。

大工道具

刻み道具 ノコギリ

手ノコ 別に刻み道具というわけでもないのですがこのノコは刻み加工専用です、現場では使いません。現場では替え刃ノコ 切れ味がやはり違います。 特に縦引きが素晴らしいです。なのでこの加工専用 光川順太郎作 替え刃の場合横引きはいいのですが縦引きがイ…

刻み道具 溝切り定規

これも消えゆく道具なのか垂木彫りの治具 これのおかげで簡単正確に出来ます。 手彫りでこの精度を出すには時間がかかりすぎる。数が多いと嫌になる(笑)深さ調整が微妙ですが!

刻み道具 込栓角のみ

刻み道具は無くなっていく一方です。込栓角のみもその一つ 本体はもう売っていません。刃も専用なので今のうち買っとかないと。刃だけはまだあります。大事に使ってます。 使い方なんですが、墨合わせがイマイチなんです、なので治具をつけました。必ず胴付…

刻み道具 突きノミ

突きノミです。さや手作り 突きノミも無くなっていくのでしょうか この加工の為だけに使うものも 金輪・追っ掛け継のメチを彫る為4分の突きノミ 買う時にお店の人に確認されました 本当に4分で?あまり出ないサイズらしい アリの角を取るための突きノミこの…

墨付け道具を考える その4

墨付け道具いろいろ 右から隅木万能定規 カーペンターゲージ 自作定規など 多分右の二つの定規は、もう売っていないと思います。 要するに売れないのです。プレカットになってから 使う人がいないので 大事にしないと、電動工具も同じこと 刻み道具は、どん…

墨付け道具を考える その3

墨壺について 今現在はこれ どこにでもある自動巻き墨壺 糸を変更しました。 龍の墨壺の時は、カセン糸細いやつを使っていましたが、 よく切れました ほんと なので釣り糸(PEライン)に交換してあります。 これがすごい、伸びない、切れない 専用のハサミが…

墨つけ道具を考える その2

今は使っていない墨壷、墨さし 現代大工としては、使いづらすぎます。 まず墨サシですが、細い線を描き続ける耐久性がありません。 先端の減りが早い 線の太さにばらつきがでたりで、微調整必要 加工寸法精度に影響があるので、 速さと正確・効率を求められ…

墨つけ道具を考えるその1

墨つけの基本道具です。 墨つぼ、墨サシ、さしがね この墨壺は独立した時に買いました。けっこう高かった! 普通は鶴亀デザインがほとんどですが、龍のデザインがかっこよかったので、、すみ差しは既製品です。 鶴亀はおめでたい、縁起が良いということで墨…

スタート

1人大工棟梁として手刻みにこだわった現代大工の思いや、 大工仕事を中心に書いていきます。 元請け大工の意地とプライドをもって頑張ってます。 個人経営大工なので基本1人で仕事します。ハウスメーカーや、大手工務店にかないませんので、大きな会社に言い…