刻み大工のひとりごと

富山県射水市の建築大工です。 元請大工として日々思うことをつづっていきます。

刻み道具 ノコギリ

手ノコ 別に刻み道具というわけでもないのですが
このノコは刻み加工専用です、現場では使いません。現場では替え刃ノコ

切れ味がやはり違います。 特に縦引きが素晴らしいです。
なのでこの加工専用

f:id:daikuitiban:20170414213155j:plain

光川順太郎作

f:id:daikuitiban:20170414213206j:plain

替え刃の場合横引きはいいのですが縦引きがイマイチなので
問題は目立てが必要なこと 
見習いの頃はまだ大工小屋などに目立て屋さんがよく来たりしてたんですが
今は目立て屋がいなくなってしまって まいってます。
近くの金物店に頼むしかないのですが、1ヶ月以上かかるみたい。
まだ出したことがないので切れ味もわかりません。


大工が作る家具その4

噂のタイボンド
今回は居酒屋さんのテーブルなので多少濡れても大丈夫なようにこれ使います

f:id:daikuitiban:20170425201239j:plain

f:id:daikuitiban:20170425201251j:plain

 

大工が作る家具その3

木取りが終わりました。
天板はクリ材、その他脚などはケヤキ、米松など

f:id:daikuitiban:20170423210855j:plain

f:id:daikuitiban:20170423210909j:plain

座卓4つとなると部材が大量に!
天板は薄くてソリやすいので4分割にします。

頑張って削ります。

f:id:daikuitiban:20170423210835j:plain

大工が作る家具その2

クリ材の板です。

これから木取りします。1800×1000サイズ2セット

           1200×1000サイズ2セット

幅1メートルなのでつなぎ合わせて作ります。

皮付きにするか、検討中です。

f:id:daikuitiban:20170406214935j:plain

f:id:daikuitiban:20170406215012j:plain

大工が作る家具その1

居酒屋さんからの依頼

テーブル4

既存テーブルカット

既存椅子座面取り替え

まずはこの材 クリ材の木取りから

f:id:daikuitiban:20170405222543j:plain

 

刻み道具 溝切り定規

これも消えゆく道具なのか
垂木彫りの治具 これのおかげで簡単正確に出来ます。

f:id:daikuitiban:20170414213131j:plain

f:id:daikuitiban:20170414213142j:plain

手彫りでこの精度を出すには時間がかかりすぎる。数が多いと嫌になる(笑)
深さ調整が微妙ですが! 

 

床下点検 びっくりです

床が下がったのでみて欲しいと言うことで早速床下点検です。

狭い床下を這いずり回ってチェック!
え〜!! こんなん初めてやわ。
何かが穴掘っとる

f:id:daikuitiban:20170409193621j:plainf:id:daikuitiban:20170409193823j:plain

束石陥没しとる

f:id:daikuitiban:20170409193948j:plain

びっくりや!

とりあえず整地して束石戻して束入れ直しておきました。
多分小動物系(アナグマ、イタチなど)
山奥か!ここは

今までハクビシンに入られた家はよく修理したことがありますが、
その場合は天井裏に大量の糞

f:id:daikuitiban:20170409195101j:plain

なぜか大工が呼ばれます。
天井裏掃除
屋根の隙間ふさぎなどやります。

鳥獣保護なんとかで駆除には許可がいるようなので、入れないようにします。
経験上ほぼ屋根の隙間からです。
床下を塞いでもあんまり意味ないです。
専門業者さんに家中の隙間を塞いでもらった後にまた入られたなんてことに

床下から屋根裏まで大工さんはツライよ😂